top of page
AdobeStock_186749483.jpg

マネジメント紹介

当社の経営陣および主要メンバーは投資銀行、プライベートエクイティファンド、金融機関、不動産会社、建設会社において、幅広いクロスボーダー不動産取引の経験を有しております。全員が日本および欧米企業において勤務した経験を持ち、従前の職責において共に働いた経験があります。うち一部のメンバーは10年以上共に同じチームとして勤務しています。

Image by Paul Fiedler
1_machidanew.jpg

代表取締役CEO

町田 実

清水建設の海外事業部門でマレーシア及び米国で駐在経験。米国においてはサンディエゴ、ロスアンゼルスにて不動産投資マネージメント業務を個別物件からポートフォリオレベルまで経験。清水の全社戦略部門を経て、外資系不動産投資業界に転向。ローンスター、ウォーバーグピンカス、エートスジャパンの各社で大型プライベートエクイティーファンドの日本営業責任者、代表者を経験。東京相和銀行買収、松下興産買収のMA案件などを実現。

 

GEリアルエステート社ではアジア地域における事業開発担当MDを務め多国籍チームを率いインド(ITビジネスパーク開発)、中国(住宅開発)においてそれぞれ初の投資案件を実現。 立教大学卒、米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校にてMBA修了

クリス・ハンティは日本国内における投資活動を統括。日本の不動産では融資・投資両面ともに長い経験を有する。弊社に加入する前、直近ではブラックロック社の日本に於ける不動産投資責任者を2022年まで7年間歴任し、同社コアプラス・オポテュニステイック投資の両方面でソーシング・AMの戦略立案・実施を担当。同社のAsian Core-Plus Fundは2019年そのカテゴリーでランキング1位を獲得し、ハンティ氏が担当した日本のアセットが全体の80%の実績を記録。

 

ハンティ氏は2001年にドイチェ銀行のニューヨーク不動産投資銀行部でその不動産キャリアをスタート。2004年に日本に法人不動産融資と証券化を担当するために転勤。その後、新生銀行にノンリコース融資のチームリーダーとして採用され、外部資本を有効に利用した複雑なストラクチャーを導入して融資ビジネスを刷新。2006年に日本に於いて最大のストラクチャードファイナンス案件をパシクイック・センチュリー・プレイス・ビルを対象に実現成功。新生銀行在任中に1兆5千億円にのぼる融資を43案件実行し、同行初の融資証券化も実現、リーマンショック後の不良債権回収・リストラクチャリングも完了。

 

更にGEキャピタルの日本に於けるストラクチャードファイナンス部門ヘッドを2011年から2014年まで歴任。2014年から2015年までは独立コンサルタントとしてゴールドマンサックスと日本の不動産会社の5億ドルにのぼる渋谷道玄坂の再開発JVの組成に成功。米国プリンストン大学にて歴史を専攻卒業、ペンシルベニア大学ウオートンスクールにてMBAを取得
 

Tomoda Image.jpg

友田 裕二

三井信託銀行(現三井住友信託銀行)出身。同行ニューヨーク支店駐在時、米国不動産融資を担当。その後、同行、GMACコマーシャルモーゲージ(米GM系ノンバンク、当時)、野村ホールディングス系投融資会社にて国内におけるノンリコース融資・証券化業務に従事。米系ファンドGrove International傘下のイシン・ホテルズのホテルアセットマネージメント業務を経て、エートスジャパンにおいてホテル投資案件のアセットマネージメントのほか、投資営業を担当。 慶応大学卒、宅地建物取引士、米国公認会計士(ワシントン州)

マネージングディレクター​

日本市場担当 マネージングディレクター

​クリストファー・ハンティ

Image by Matthew Henry

ディレクター

平見 隆

不動産鑑定会社にて約5年間、証券化に係る鑑定評価をはじめ、不動産担保評価、不良債権評価等、多数の収益不動産の評価、査定に従事。また、クライアントへのアドバイザリーを含む各種のデューデリジェンス業務にも従事。

エートスジャパンにおいては約9年間、取得検討案件のマーケティング、デューデリジェンスを担当し、日本全国の各種不動産のアンダーライティングに従事し、多数の案件獲得に貢献。 法政大学経済学部卒、不動産鑑定士

ディレクター

古田 芳

TTC加入前は、あおぞら銀行にて海外不動産シンジケーションローンのポートフォリオ管理チームのメンバーとしてチームを牽引、北米、英国、豪州におけるローン・担保物件(オフイス・店舗・住宅・ホテル)・マーケットのモニタリング・レポーテイングに従事。ラサール投資顧問においては国内物件のアセットマネジメント部にてレンダー対応業務を担当、新生銀行においては不動産担保ノンリコースローンのオリジネーションを担当、ゴールドマンサックス・リアルティ・ジャパンにおいては債権回収の管理業務を経験。シンガポールデベロップメント銀行でキャリアをスタートした。青山学院女子短期大学 英文科卒。

Image by Paul Fiedler

ディレクター

田中 正紀

大和ハウス工業株式会社にてキャリアをスタート。分譲マンション事業の用地取得から販売業務全般に携わった経験から住宅のソーシング、バリュエーション業務に強みを持つ。

オリックス株式会社にて250億円規模の住宅、商業施設のプロジェクトファイナンス、取得、運営業務に従事。

ジョーンズラングラサール株式会社、HJアセット・マネージメント株式会社においてシニアマネジャーとして住宅、オフィスビル、物流のプロパティマネジメント業務、アセットマネジメント業務に従事。シンガポール、マレーシア、香港等のアジア系海外投資家向け投資不動産の取得、運営及び売却、新規受託業務にて多数の案件獲得を実現。

早稲田大学卒、早稲田大学 大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了。宅地建物取引士、ビル経営管理士

ディレクター

金島 弘晃

三井住友信託銀行出身。個人融資、日系・非日系コーポレートファイナンス、不動産ノンリコースローンと様々なファイナンス業務に従事。不動産ノンリコースローンでは日系・外資系アセットマネジメント会社を中心にカバレッジし、大型オフィスビルからデータセンターに至るまで国内の幅広いアセットタイプに対するオリジネーションを担当した他、デットアレンジ案件も多数経験。神戸大学経済学部卒、宅地建物取引士、不動産証券化協会認定マスター

ディレクター

矢島 次朗

コナミ、東芝、野村不動産と様々な業種で会社法務に携わる。事業法務から企業法務、内部監査、監査委員会室等、広範な法務業務に従事。長年にわたり、リスクマネジメント、リスクコンプライアンスに関する社員研修、啓蒙活動を行ってきた。

M&A、組織再編、不動産に関する法律実務について豊富な経験を有する。会社法、金融商品取引法に精通。

中央大学法学部卒、青山学院大学大学院私法研究科博士前期課程修了。

ディレクター

直井 康二

新卒で大手生命保険会社に入社し本社管理部門や営業管理を経験した後、会計事務所を皮切りに、最大手鉄鋼専門商社、東証プライム製造業等で、経理・財務・税務・内部統制(J-SOX)・内部監査等経理関連業務に従事。

直近は、PEファンドの投資先製造業で取締役経営管理部長として、主に経営基盤の整備を通じて企業価値の向上に貢献し、EXITが実現したことを機会に当社に参画。

明治大学法学部卒、社会保険労務士、税理士2科目合格。

bottom of page